助けあいジャパン 情報レンジャー

福島県 > 新地町

現在の福島県 情報レンジャー
福島県 情報レンジャー
  • 安田 希代美

    安田 希代美

    福島県郡山市出身 ブログと体を鍛えることが趣味の天然石アクセサリー作家 主婦歴23年の諦めない40代

  • tsugunori-chiba

    千葉 胤典

    福島県田村市出身 筋トレ本が好き、ちょっとメタボな30代。

  • Satomi-Suzuki

    鈴木 里美 (~2014.3まで)

    福島市出身&現在住 放浪渡豪経験のある、歌とコミュニケーションが大好きな人間W@TCHER & 傾聴M@NIA

  • Takuma-Nishizawa

    西澤 拓真 (~2013.8まで)

    福島市出身 デジタルガジェット大好きいつもネットにつながる事が生き甲斐のインドア一番下っ端の20歳

  • michi-ishizuka

    石塚 通 (~2013.3まで)

    福島県郡山市出身郡山在住 犬と子どもとわが町大好き!常にポジティブグラフィックデザイナー

  • Kiyotaka-Ono

    小野 清隆 (~2013.3まで)

    福島県伊達市出身 二匹の愛犬 プリンとラブを連れてキャンピングカーで日本一周を夢見る50代

  • Katsuhiko-Watanabe

    渡部 克彦 (~2013.3まで)

    福島県会津若松市出身 無口 慎重派 興味を持ったことに時間を忘れて没頭する子ども溺愛親父

サポート企業

Supported by

新地マイタウンマーケット

「将来はデザイナーになりたい」 目を輝かせて話す子どもには将来の希望に満... - 2013年12月21日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

新地町 - フォトリポート

再起に向けた新旧の歩み

ここは、新地町釣師浜付近。 震災から2年7カ月が経過する福島県沿岸部最北... - 2013年10月15日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

新地町県道38号

宮城県との県境、新地町沿岸部を訪れた。 震災による津波の影響で大きな被害... - 2013年10月15日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

復興モデルスタディツアー

強固なコミュニティが震災後も継続し、復興に向けて前進し続ける町がある。2013年6月7日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

福島に復興サクラ2万本植樹

東日本大震災と東電福島第一原発の事故から3年目を迎えようとしている福島ー。浜通... - 2013年1月26日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

ホーム残して消失した新地駅

福島県浜通りの最北に位置する新地町。町内の谷地小屋字舛形にあった常磐線の新地駅... - 2013年1月12日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

新しい町への胎動 新地町

福島県浜通りの最北端に位置する新地町の埓木崎地区。500mほども走ると宮城県境... - 2012年12月28日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

すごいぞ新地町の子どもたち

コカ・コーラ復興支援基金で太陽光発電が贈られれる、新地町の小中学校の 特徴は... - 2012年9月9日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

これで安心コカコーラ太陽光

福島県新地町の福田小・新地小・駒ケ嶺小・尚英中学校に9月9日 「コカ・コーラ... - 2012年9月9日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

心のよりどころ

皆さんの心のよりどころをつくりたい 福島県新地町子眉嶺神社の目黒秀明さんは、津... - 2012年9月4日

さまざまな支援のカタチ

福島県新地町の動画をすべて見る

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之